四十路男のリバイバル

ゴマージュ確かに、年齢を重ねている。私自身の基本スタンス、年輪をしっかり楽しく刻んでいきたいと思っている。

ただ、笑ってよいのかいけないのか、たまに本当に分からなくなるのだが、「顔が浮かんでも名前が出てこない」「一部、素で間違う」「週末バレーの疲れが翌週平日まで抜けない」「白髪が増えても気にならない」「目の下の隈がとんでもない」「知らないシワを発見」「スマホが遠いときがある」「空気でも太る」などなど、老化は着実にやってきている。あ、ちと毛色が違うが、直近では「Tik Tok」が読めなかった。

「役者たるもの、これではいかん」と思い、何を思ったのか、人生初の「フェイシャルエステ」に挑戦することにした。しばらくの間通ってフェイシャルエステを受け、自宅では教えてもらった洗顔を毎日朝晩実行するのだ。

エステ前に顔写真を撮ってみる。顔のみの拡大写真なぞ、そういえばそんなに撮影することはないので、何も加工されていないビフォー写真は、今現在の自分を正直に物語っていて、とんでもない衝撃を受けることとなった。「ああ、いろいろとごまかして見ないようにしていたのだな」とも感じた。うむ、それはまだ公開しないでおこう。

正直、若くありたい訳ではないが、それなりではいたい。だからリバイバル目指して。毎日チャレンジの開始である。